Boston Marathon 2024 Recap

ボストンマラソン2024の概要

シサイ・レマはボストンマラソンの前半で猛烈なペースを出し、早い段階で半マイル以上のリードを獲得した。暑い天候のためペースが落ちたにもかかわらず、彼はリードを維持し、レース史上10番目に速いタイムとなる2時間6分17秒でフィニッシュした。

レマ選手のスタートダッシュ戦略は功を奏し、コース上で圧倒的な強さを見せつけた。同じエチオピア出身のモハメド・エサ選手は最後の数マイルで差を縮め、41秒差で2位となった。2度連続優勝のエヴァンス・チェベット選手は3位だった。

ボストンマラソンは、世界で最も権威があり、最も人気の高いレースの1つになりました。第128回大会では、世界中から3万人もの参加者が集まり、限界に挑戦し、ボイルストンストリートの歴史的なゴールラインを26.2マイル(42.2 km)で越えるという夢を追いかけています。

ケニアのヘレン・オビリ選手は、ボストンマラソン女子レースで2時間22分37秒のタイムで2連勝を果たし、2005年以来初の連覇を果たした。

彼女は最後の直線で一気に先頭に立ち、20人のランナー集団を後にした。シャロン・ロケディは2時間22分45秒で2位、エドナ・キプラガトは2時間23分21秒で3位となり、ケニアがトップ3を独占した。

オビリ選手の勝利は、2023年ニューヨークシティマラソンでの勝利にさらに華を添える。エマ・ベイツ選手が2時間27分14秒でフィニッシュラインを越えた最初のアメリカ人女性となり、サラ・ホール選手とデス・リンデン選手がそれに続いた。

ブログに戻る